月額平均

学資保険はいつ入ればいい?

学資保険は子供が教育を問題なく受けるために欠かせない保険なのですが、どのタイミングで加入すればいいのかと悩むご両親が多いと思います。
学資保険は貯蓄機能を重視した物が多いので、入る時期が早ければ早いほど、どんどん子供の学費のための貯金がたまっていきます。
満期は平均して18歳とされているものが多く、大学の学費として使用される方がほとんどで、一番お金がいる時期に合わせてどんどん学資保険をためていきます。

しかし、学資保険は月々の最低限の保険金支払い額があり、この最低限の保険金支払い時期は18歳の満期までどのくらいの期間あるかで変わってきます。
つまり、加入時期が早ければ早いほど、月々の保険金支払い額が少なくなるので、家計への負担が大きく減ります。
ベストなタイミングとしては、子供が生まれてからすぐとなっており、早い時期に加入する事で無理なく学資保険を活用できます。

そんな中、ベストなタイミングにあわせて学資保険に入るのは絶対ではなく、家計の負担が減る時期から学資保険を考えて加入するという対応をされている方もいます。
生活の基盤である生活費と照らし合わせながら、学資保険の加入時期を決めるとベストなタイミングではなくても、無理なく対応できます。
学資保険が無理なく対応する事が一番大切です。