月額平均

学資保険の受取日とは?

学資保険を契約する時に満期日の設定ができるようになっており、その代表的な年齢は17、18歳、20歳、22歳とされています。
満期の年齢はこの年齢の中で決めていくのですが、実は代表的な年齢には理由があって一般的とされています。

17、18歳は高校を卒業して大学に入学する人もいれば就職する子供もいるのですが、アパートをかりたり、学費が必要になったり、学ぶための道具が必要になったりと何かとお金がいる時期になります。
20歳は短期大学や専門学校を卒業して、就職する子供もいるので、そんな子供達の今後の生活のためにお金が必要な時期になります。
22歳は4年大学卒業の時期で、22歳で新社会人となる子供達が沢山出てくるのですが、中には大学院に進む子供達もいます。
そんな子供達の急な出費を対応するためにお金が必要な時期になります。

このように子供達の学び方のスタイルや目標のスタイルによって満期の時期というのは決まってくるので、子供が小さいうちは御両親が真剣に子供の将来を考えて学資保険の満期を決める必要があります。
満期まで学資保険の支払いを行って、その後に支払いが行われその日が受取日になるので、満期からどのくらいで実際に支払いがされるのかの確認をする事も重要です。