月額平均

学資保険のデメリット

学資保険は定期型の保険でお金を貯金する形で子供のためのお金をためていくのですが、定期なので当然ためたお金を使用したい場合は解約手続きをとる必要があります。
さらに解約して今までためた学資保険を払い戻しすると、契約会社によって違うのですが、約80%の金額しか受けとれない場合があります。
つまり、実際に今まで貯金した学資保険を満額受け取れないという形になっており、解約して受け取ってしまうと損をしてしまうという事態を作ってしまいます。

このシステムはデメリットと感じてしまうのですが、人によってはメリットともいえる学資保険のシステムになっています。
貯金は基本的に一番難しいとされている対応で、せっかく子供のためにためた貯金をおろして使用してしまうという方が、多いとされています。
それは簡単におろす事ができるというシステムが関係しており、簡単におろせない形を作る事で、確実に子供のための貯金を行う事が出来ます。

強制的な子供のための貯金と思われがちな学資保険ですが、大事な子供のための貯金と思えば、デメリットと感じてしまう面があるシステムもメリットになります。
子供のための貯金が苦手と感じている方にこそお勧めしたいのが学資保険というシステムになります。